カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

トラック諸島・夏島基地に帰投する零式水上偵察機と迎える整備兵 / コットンTシャツ



南洋にうかぶ連合艦隊の前進根拠地・トラック諸島

太平洋戦争初期、トラック諸島は連合艦隊の南方作戦前進根拠地として、またラバウル方面航空作戦の後方拠点として、重要な役割を果たしました。しかしガダルカナル島撤退以降、中部ソロモン・東部ニューギニアでの戦況悪化に伴い、その後方拠点としての存在価値は急速に失われていきます。

1943年(昭和18年)11月〜翌年2月にかけて、ギルバート諸島・マーシャル諸島をめぐり日米航空兵力が激突しますが、海軍航空隊は甚大な被害を受けて敗退し、同方面での制空権をほぼ失ってしまいます。危機的状況の中、2月10日、連合艦隊主力はパラオ、内地方面へ避退。そして1週間後の2月17、18日の両日、米第58任務部隊艦載機約600機による大空襲を受けたトラック島は壊滅状態に陥り、前進基地としての価値を完全に喪失することになります。

 

【 構図解説 】 嵐の前の平穏


 1943年8月、輸送船の前路哨戒任務を終え、夏島水上機基地に帰投する902空所属・零式水上偵察機を想像で描いています。色調イメージは「戦前のカラー絵葉書」を意識しました。

 この時期、山本五十六 連合艦隊司令長官は既に無く、ソロモン・ニューギニア方面では熾烈な航空消耗戦が繰り広げられていたとはいえ、連合艦隊主力が碇泊する一大根拠地に差し迫った危機感はまだ無かったかも知れません。

 帰投機は胴体下に対潜爆弾を装備したままで、会敵が無かったことを示しています。 立ち上がって前方確認する偵察士、機体収容に待機する整備兵たち、出迎える飛行士官にもどことなく余裕が感じられ、美しい南洋風景に漂うのは「束の間の平穏」か「嵐の前の静けさ」か?

 わずか半年後、大空襲を受けることになろうとは誰も想像できなかったことでしょう・・・。


■ トラック諸島について


【 こだわりポイント解説 】

出来る限り史実に沿った作品とするため、当デザインには多くの「こだわり」があります。文章では長くなりますので簡単なFLASHにいたしました。画像上の錨アイコンにカーソルを載せていただくと解説が表示されます。



オープンエンド系のざっくりした風合いのヘビーウエイトTシャツ。リブはダブルステッチ


■ サイズ : S・M・L・XL・XXL ■ カラー : ナチュラルのみ
■ 使用Tシャツ : クロスステッチOE1116 ■ 素材 : 綿100% 6.2オンス 16/_ 天竺
■ プリント手法 : 淡色インクジェット印刷

トラック諸島・夏島基地に帰投する零式水上偵察機と迎える整備兵 / コットンTシャツ

価格:

3,160円 (税込)

[ポイント還元 126ポイント〜]
カラー:
サイズ:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星半分 4.3 (3件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる