カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

零式水上観測機「R方面航空部隊」Tシャツ



ソロモン航空戦に身を投じた水上機隊

『 R方面航空部隊 』 必死の奮戦


1942年(昭和17年)8月7日、米軍のガダルカナル島上陸をキッカケに始まったソロモン諸島をめぐる海空戦は日本海軍に大打撃を与え、ミッドウェイ海戦と並ぶ大東亜戦争の転換点(ターニングポイント)となりました。今回のデザインテーマは、ブーゲンビル島南端沖・ショートランド島基地を拠点に、ソロモン消耗戦を支援し続けた水上機部隊「R方面航空部隊」です。( ※ 「R」はラバウルの意味)

昭和17年9月、初期南方作戦に活躍した水上機母艦群の搭載飛行機隊を中心に編成された同部隊の主戦力は、零式水上偵察機(三座)、零式水上観測機(二座)および零戦にフロートを付けた新鋭・二式水上戦闘機で、水上機ならではの機動性を活かした作戦全般に渡る側面支援が期待されました。



ガ島争奪戦から撤退に至るまで、日課とも言える輸送船往復掩護、ショートランドおよびブイン基地防空と出入り艦船の対潜哨戒、ソロモン海域の長距離偵察に加え、主力航空部隊のガ島攻撃にもたびたび参加し、さらには水上機隊単独での夜間爆撃反復や魚雷艇掃討作戦など・・・ 主力部隊を補完すべく、消耗と補充を重ねながらの任務は激烈かつ多岐にわたりました。この間に生起した敵戦闘機との空戦により多数の搭乗員・機体が失われますが、二式水戦、零式水上観測機による撃墜もまた多数報告されています。

ガ島撤退後、主戦場が急速に中部ソロモンへと移るなか、昭和18年4月「R方面航空部隊」は解散となりますが、その後も「958空」「938空」などに改称した水上機部隊の無謀ともいえる第一線投入は続行され、さらに多くの搭乗員たちがソロモン海に散っていきました(合掌)

R方面航空部隊の奮戦

 
 

今回は水上機としてのハンデを負いながらも善戦敢闘した「R方面航空部隊」に敬意を表し、唯一の複葉機であった零式水上観測機(ゼロカン)をモチーフといたしました。前面はショートランド基地情景、背面にはP−38との空中戦をデザインしています。また左裾にはオリジナル制作の機体銘板を配置いたしました。

■ 「R方面航空部隊」として作戦した主要部隊 ■

 □ 水上機母艦 「千歳」 飛行機隊
 □ 特設水上機母艦 「神川丸」 飛行機隊 ※ 昭和17年11月 水戦隊全滅、翌年4月 938空へ改編
 □ 特設水上機母艦 「山陽丸」 飛行機隊
 □ 特設水上機母艦 「讃岐丸」 飛行機隊
 □ 特設水上機母艦 「國川丸」 飛行機隊 ※ 昭和18年 4月 938空へ改編
 □ 特設水上機母艦 「聖川丸」 飛行機隊 ※ 昭和17年12月 958空へ改編
 □ 14空 水戦隊 ※ 昭和17年11月 802空へ改称、昭和18年3月 マーシャル方面へ移動



ショートランド基地に翼を休める零式観測機


 

「R方面航空部隊」の本拠地 ショートランド水上機基地の情景を写真などを参考に想像で描いています。

ショートランドのイメージばやはり“連なる椰子の木”ですので、少ない色数でどう表現するかが最大課題でしたが・・・なんとか雰囲気は出せたかと思います。

■ 零観(ゼロカン)2機はいずれも
  特設航空機母艦「國川丸」所属機(機番号L−2- )
昭和18年1〜2月頃、 R方面航空部隊の母艦機尾翼記号はLで、L-1が神川丸、L-2が國川丸所属機です。

■ 中央浜辺を歩く2名は搭乗員ペア(操縦員、偵察員)

機上で友軍機に手を振る整備員は、
  ドラム缶を上翼に上げて燃料補給の準備中

脚立上の整備員は発動機をチェック中

■ 右側椰子林の奥に見えるテントは搭乗員宿舎

■ 左奥のテント張り施設群は簡易指揮所
  吹き流しが見えるのは見張り所

■ 上空を航過するのは802空の二式水上戦闘機




ブイン上空、強敵P−38ライトニングを迎撃!


 

昭和18年1月5日ブイン上空邀撃戦
零観隊、P−38撃墜2機を報告

昭和18年1月5日のブイン上空邀撃戦を想像で描いています。零観の優れた旋回性能を表現するため、あえて背面状態をデザインしてみました。


戦闘詳報 に依れば、同日午後ブイン上空に侵入した米戦爆連合(B−17、P−38)に対し、ショートランド基地を離水した「R方面航空部隊」零観8機、二式水戦2機は果敢な空戦を展開、零観隊はP−38撃墜2機、水戦隊も零観との共同撃墜1機を含むP−38撃墜2機を報告しています。同空戦ではブイン基地の204空 零戦隊(6機)もP−38撃墜確実1機を報告しており、零観、二式水戦、零戦、P−38が交錯する乱戦だったようです。日本側は零観1機が不時着水、二式水戦1機が撃墜されましたが搭乗員の損失は皆無、204空零戦隊も全機被害無しで帰着しています。( 米側情報ではP−38喪失2機、零観2機撃墜が報告されています )

■ 零観のモチーフは、同空戦参加8機中6機を占めた特設水上機母艦「國川丸」所属機(機番号L−2− )です。
P−38 のモチーフは当日来襲した可能性が高いガダルカナル基地・第339戦闘飛行隊(339FS)を想定しましたが・・・同隊機マーキングが地味なため、特徴は表現できておりません(無念)
■ 右側を降下する機影は二式水戦ですが
  <(_ _)> 左右の翼端フロートを描き忘れております。誠に申し訳ございません <(_ _)>
眼下の島嶼 はブーゲンビル島南端沖の島々で、ブイン上空・高度約1300mからの Google Earth 画像を参考に描いています。ショートランド周辺の地理を示すため、あえて島名を表記しました。

手前右側がショートランド島、これに近接する小島がポポラング島、ショートランド水上機基地は2島間の細長い水道の両岸に設営されていました。手前左の三角形の島は飛行場建設中のバラレ島、遠く水平線上の島影は左からベララベラ島モノ島です。

 

【 左 】ショートランド島周辺の米軍空撮写真

戦史書物等によれば、ショートランド水上機基地はショートランド島〜ポポラング島間の細長い水道の両岸に設営され、ショートランド側がB基地、ポポラング側はD基地と呼称されていたとのこと。詳しい位置は判りませんが、赤いラインの辺りかと想像します。

滑走路が確認できる三角形の島(左下)はバラレ島です。昭和17年9月より建設が始まったバラレ飛行場が本格的に機能し始めたのは翌18年1月下旬の「ガ島撤収作戦」以降。ここに山本長官が降り立つ予定だったのですが・・・




Osabetty's オリジナル! といえば聞こえはいいのですが、つまりは勝手に作った架空の機体銘板です。海軍機の場合、機体銘板は尾部左側に掲示されるケースが多いので、本Tシャツでは下部左サイドに「設置」いたしました。各情報の意味は下記の通りです。


■ 製造番号 「三菱第1347號」
  三菱における零観製造総機数346機にプラス1して架空の製造番号としました。
  頭の「1」はダミーです。

■ 製造年月日 「74−3− 」
  本Tシャツの発売時期(2014年3月)を皇紀表示に変換しました。
  皇紀2674年3月を意味しています。




オープンエンド系のざっくりした風合いのヘビーウエイトTシャツ。リブはダブルステッチ

■ サイズ : S・M・L・XL・XXL ■ Tシャツカラー : ネイビー
■ 使用Tシャツ : クロスステッチOE1116 ■ 素材 : 綿100% 6.2オンス 16/_ 天竺
■ プリント手法 : 前面・背面とも = シルクスクリーン印刷4色

零式水上観測機「R方面航空部隊」Tシャツ

価格:

3,780円 (税込)

[ポイント還元 151ポイント〜]
サイズ:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 4.8 (6件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ