カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

川西「二式飛行艇」(二式大艇) Tシャツ



悲運の高性能大型飛行艇


【背景】 ワシントン軍縮条約以降、水上主力艦を対米英比6割に制限された海軍は不足分を航空戦力で補う方針を決定し、昭和12年、九六式陸攻の後継機「十二試陸上攻撃機」(中攻、G4M、後の一式陸攻)を三菱に発注、翌13年には中島飛行機に『十三試大型陸上攻撃機』(大攻、G5N)、川西航空機に 『 十三試大型飛行艇 』 (大艇、H8K)の試作命令が出されました。しかし、命を受けた川西設計陣は驚愕します。最大速度440km以上、攻撃時航続力約6500km、800禅雷×2 または1t爆弾×2を装備可能といった破天荒な海軍要求は、中島に同時発注された陸上機「大攻」と同一だったのです。つまり海軍は、本来なら長距離洋上哨戒・偵察を主任務とすべき大型飛行艇を艦隊決戦時の攻撃兵力として位置付けていたのでした。

【開発】  白紙からの設計を余儀なくされた川西設計陣でしたが、創意工夫と試行錯誤の末、見事に“攻撃大艇”を完成させました。飛行性能実現のために採用された縦長の艇体形状、水上滑走・離着水時の安定性を確保する艇底形状と飛沫發魏,気┐襦屬つおぶし」、航続距離・高速度の両立を狙ったアスペクト比9の肩持式テーパー翼など、多彩な新機軸を盛り込んだ艇体は全長28mの四発巨人機として結実し、昭和初期以来、飛行艇一筋に歩んできた川西技術陣の集大成となる機体が誕生したのです。飛行艇の世界水準を遥に超える「十三試大型飛行艇」は対米英開戦2ヵ月後の昭和17年2月5日、「二式飛行艇」(H8K)として制式採用されました。

 

【 左 】
離水直前の 「十三試大型飛行艇 」 試作機

制式採用前後の昭和17年2月、川西航空機・甲南工場沖の大阪湾におけるテスト風景。すでに滑水状態に入っており、数秒後に離水したと思われる。

【初実戦】  直ちに横浜空、東港空、14空への配備が決定されましたが、大型機のため川西の生産効率は上がらず、昭和17年中に完成した機体は僅か13機のみ。しかし、初実戦は唐突に訪れました。長大な航続力を買われ、第二次真珠湾攻撃「K作戦」横浜空の2機が起用されたのです。昭和17年3月4日、マーシャル諸島を発した大艇2機は途中潜水艦による洋上補給を受け、3月5日深夜オアフ島を爆撃して無事帰還を果たします。視界不良により実戦果ゼロに終わったものの、海軍は二式大艇による攻撃用法に手ごたえ(過信)を掴んだのでした。

▲ 第二次真珠湾攻撃 「K作戦」 直前
クェゼリン環礁付近で潜水艦からの洋上補給訓練を実施する横浜空の二式飛行艇「Y-71」号機。真珠湾の復旧作業妨害が「K作戦」の目的だった。

【苦闘〜終戦】  昭和18年に入ると南方へ進出した二式飛行艇部隊の活動が始まり、ソロモン方面では802空(旧14空)による米軍要地エスピリッツサント島、カントン島への夜間爆撃が繰り返され、南西方面でも851空(旧東港空)が豪本土への夜間偵察・爆撃作戦を展開しました。しかし悪化の一途を辿る航空消耗戦の渦中、大型飛行艇による積極作戦は縮小を強いられ、昭和18年末以降その活動は航続距離を活かした夜間洋上哨戒・索敵・偵察や作戦輸送、人員救助といった飛行艇本来の任務に向けられることとなります。孤立したラバウル、ブーゲンビル島や比島からの要員救出や夜間哨戒・索敵に奮闘する一方、比島戦、沖縄戦では敵夜間戦闘機による未帰還機が続出し、飛行艇部隊は次々と解散に追い込まれていきました。そして昭和20年3月、梓特別攻撃隊銀河隊をウルシー泊地へ長距離誘導した詫間空所属機の活躍が最後の輝きとなります。

 

【 左 】 昭和20年2月24日、詫間空総員に送られて鹿児島・鴨池基地へ進出する梓隊搭乗員たち。

鹿児島進出後は特攻待機が続き、3月4日、大艇隊は整備のため詫間へ一時帰還した。その後7日に再進出。「第二次丹作戦」は3月11日に決行され、誘導2番機(機長:小宮森少尉、主操:長峯兵曹)は梓特別攻撃隊・銀河隊をウルシー泊地西方約50kmに位置するヤップ島まで導く重責を果たした。

戦争期間中に生産された二式飛行艇131機の内、終戦時に残存した作戦稼働機は詫間空の3機のみ。艦隊決戦構想の下で開発された二式飛行艇、高性能を発揮し得なかったその運命は、同じ境遇から生まれた一式陸攻に酷似していると感じるのは私だけではないはずです。

■ デザインコンセプト ■

二式大艇の“巨大さ”を表現するためには「人間を一緒に描く」こと、これに尽きるでしょう。そこで今回は、出撃前の大艇に多くの人々が群がっている様子を描くことにしました。同時に、黙々と任務に向かう飛行艇搭乗員たちを含め、大艇を取り巻く様々な人達の「人間模様」も感じていただければと思います。全体的に落ち着いたイメージとするため、色数は3色に限定しました。

【 前面 】・・・ 飛翔する二式飛行艇のワンポイントデザインです。

【 背面 】・・・ 出撃前の二式飛行艇を中心に、搭乗員、整備兵、地上員など出来る限り多くの人々を
         デザインしました。


 





静的イメージの背面に対し、前面ではワンポイントながら、飛翔する二式大艇の「迫力」に重点を置きました。機体デザインはかなりデフォルメされておりますが、二式飛行艇の隠し味?ともいえる2つの装置 [(1) 波おさえ装置「かつおぶし」 (2) 離水時に機首角度を適正に保つ目安となった「かんざし」 ] はあえて強調して描かせていただきました。「H8K」は二式飛行艇を示す機種記号です。
※ 「H」は飛行艇、「8」は計画番号、つまり8番目、「K」は会社記号で川西航空機を意味しています。

 






二式大艇の巨大さを表現し、かつ飛行艇に関わる様々な人たちの人間模様を浮かび上がらせる狙いで、海上に停止する二式大艇の周囲に可能な限り多くの人間を描くことを心掛けました。陸地背景を含む全体の雰囲気は最後の飛行艇航空隊「詫間空」をイメージして描いております。搭乗員が乗り込む時点で なお発動機整備が続いているという状況は実際にはあり得ないのですが、どうしても整備兵を入れたかったので・・・強引に描かせていただきました m(_ _)m

 

【 多分に非現実的ではありますが、場面ストーリーは以下のような感じです。】

(戦争末期の国内飛行艇基地)
ついに大艇隊に出撃命令下る!

前回出撃以来、原因不明の不調に陥った左翼2番、4番エンジンに対して整備科兵による必死の調整が続けられるなか、ゴム艇から粛々と艇に乗り込む搭乗員たち。その表情はみな泰然自若、平穏そのもの。 果たして心中や如何に。

一方左翼上では、エンジンを気にして先乗りした機関士が祈るように整備作業を見守っていた。
 『頼みまぁ〜す!』 『還ってこいよぉ!』
桟橋からは基地員たちの惜別の叫びが津波のように響いてくる。
 『今度ばかりは最後かもしれんな・・・』
ふと そう呟いた彼は、人並みを振り返り静かに敬礼した。
 『行ってまいります。みなさん、どうかお元気で 』

 

【 英文コピーの概要 】

川西二式飛行艇(連合軍コードネーム:エミリー)は、第2次世界大戦において日本海軍が運用した高性能飛行艇でした。長大な航続距離と高速度、爆撃・雷撃可能な運動性能、さらに強力な武装を兼ね備えた同機は、大戦期における最強飛行艇として世界に知られています。しかし連合軍側のレーダー警戒網の発達や迎撃戦闘機の充実によって、1943年(昭和18年)以降、二式飛行艇の前線における活動範囲は急速に失われていったのです。約170機の二式飛行艇が大戦期間中に生産されましたが、終戦時に残った駆動機はわずかに3機でした。





オープンエンド系のざっくりした風合いのヘビーウエイトTシャツ。リブはダブルステッチ

■ サイズ : S・M・L・XL・XXL・XXXL ■ Tシャツカラー : ホワイト、ヘザーグレー
■ 使用Tシャツ : クロスステッチOE1116 ■ 素材 : 綿100% 6.2オンス 16/_ 天竺
■ プリント手法 : 前面・背面とも=シルクスクリーン印刷3色

川西「二式飛行艇」(二式大艇) Tシャツ

価格:

4,000円 (税込)

[ポイント還元 160ポイント〜]
カラー:
サイズ:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (5件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ