カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

「零戦 vs スピットファイア」ダーウィン上空航空戦 コットンTシャツ



精鋭「202空」零戦隊、スピットファイアを完封


ソロモン方面における戦線が崩壊しつつあった昭和18年、蘭印・北豪方面において零戦不敗を堅持したのが「202空」(ふたまるふたくう)でした。同隊の前身は「台南空」と並ぶ開戦時の精鋭「3空」で、蘭印方面の制空権を確保した後、昭和17年9月以降主力の一部を激闘が続くラバウルへ派遣していましたが、11月の「202空」改称とともに南西方面へ復帰します。ソロモン消耗戦に本格的に巻き込まれることのなかった「202空」には中国大陸の古豪「12空」以来のベテラン搭乗員も多く残り、当時としては掛け値なしの最精鋭制空隊でした。





「202空」は豪州方面からの反抗を牽制すべく、「753空」(陸攻隊:旧高雄空)と共に北豪・ダーウィン方面への遠距離攻撃を開始、英本土より派遣されていた 「RAAF (Royal Australian Air Force) 第1戦闘航空団」スピットファイア部隊 と激しい攻防戦を繰り広げました。「一撃離脱戦法」を徹底指示されていたスピットファイア部隊でしたが、高い練度を保つ「202空」には通用せず、計9度に渡る空戦の結果は零戦隊の圧勝 に終わっています。





今回は「202空」の働きを讃え、同航空隊のイメージTシャツを制作いたしました。
前面ワンポイントでは隊員たちの勇姿を、背面バックプリントはスピットファイアとの空戦シーンを、ともに想像で描いております。



 

歴戦の兵「202空」搭乗員たちの“不敵な面構え”を表現すべく描いたイラストです。

各人物に特定のモデルは無く、完全に想像で描いておりますが、腕組みサングラスの人物は飛行長クラスの士官を想定、他4名はすべて下士官搭乗員をイメージしました。

背景の零戦は「22型」(A6M3)です。
赤道に近いセレベス島(現:スラウェシ島)ケンダリー基地の雰囲気を出すため、熱帯生息っぽいモンキー(猿)を1匹入れてみました。





下部のロゴ 「X202」 は、前身「3空」以来の部隊識別記号「X(エックス)」を強調したデザインです。「3空」時代は「X」、「202空」改称後は「X2」であったため、同隊は 「X部隊」 とも呼ばれていたようです。
 


 

昭和18年5月2日のダーウィン上空航空戦、「零戦vsスピットファイア」3度目の戦闘を想像で描いています。

この日早朝、チモール島クーパン基地を発進した「202空」零戦26機(指揮官:飛行隊長・鈴木実少佐)は陸攻25機を直掩してダーウィン東方・ウィンネリー飛行場攻撃に向かいます。

オーストラリア空軍はレーダーによって日本機編隊接近を約260km手前で察知、直ちにスピットファイア3個戦隊・計33機が邀撃発進しました。

爆撃後に始まった空戦では練達の指揮官・鈴木少佐の編隊誘導が光り、スピットファイアは13機を喪失(パイロット喪失2名)、零戦隊は損失ゼロのうえ被弾に弱い陸攻隊も全機帰投という、文字通りの「完封勝ち」を収めたのでした。

■ 零戦は「22型」、スピットファイアは防塵フィルター装備の「Mk.Vc(5C)」で描いています。
■ 黒煙が上がるのは当日の爆撃目標でスピットファイア隊の一部が展開していたウィンネリー飛行場、左手前の海面はチモール海、右遠方はアラフラ海、左側の大きな島影はレーダーサイトがあったバサースト島とメルビル島です。■ ダーウイン上空の俯瞰描画は、高度約4700メートルからの「Google Earth」画像を参考にいたしました。

■ こだわりデザイン解説 ■
「X」(エックス)アイコン にカーソルを重ねると解説が表示されます。





オープンエンド系のざっくりした風合いのヘビーウエイトTシャツ。リブはダブルステッチ


■ サイズ : S・M・L・XL・XXL ■ Tシャツカラー : ナチュラル
■ 使用Tシャツ : クロスステッチOE1116 ■ 素材 : 綿100% 6.2オンス 16/_ 天竺
■ プリント手法 : 前面・背面とも = シルクスクリーン印刷4色



「零戦 vs スピットファイア」ダーウィン上空航空戦 コットンTシャツ

価格:

3,760円 (税込)

[ポイント還元 150ポイント〜]
プリントカラー:
サイズ:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (5件)
この商品について問い合わせる