カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

台南空メモリアル! 零戦21型ポートモレスビー編隊宙返り コットンTシャツ



台南空の精鋭たちを偲ぶ


坂井三郎 元海軍中尉の名著 『坂井三郎空戦記録』 『大空のサムライ』 等によりその精鋭ぶりが現在に伝わる「台南海軍航空隊(初代)」は、現代日本における最も有名な旧海軍戦闘機隊のひとつではないでしょうか。

初めて『大空のサムライ』を読んだ時の興奮は今でも忘れられません。飛行機乗りに憧れた少年が海兵団から戦闘機搭乗員へと成長する様子、中国大陸での初撃墜と零戦との出会い、大東亜戦争勃発とラエの死闘、ガダルカナル上空での負傷と奇跡の生還、内地帰還後の苦悩、硫黄島での奮戦と特攻からの生還 〜 息もつかせぬ展開は正に波乱万丈、そしてその間に散りばめられた数々の部下、戦友、上官たちの人間味あふれる素顔・・・。これは稀代の戦闘機乗り・坂井さんの青春半生記であるとともに貴重な歴史資料でもあり、埋もれていた戦史に光を当ててくれた坂井さんには感謝の念しかありません。
※その一方、永久に知られることのない膨大な戦史に対する焦燥感は尽きないのですが・・・。

今回は台南空(初代)のメモリアル的なTシャツを目指し、表面には搭乗員5名のイラスト、背面バックプリントには“台南空三羽烏”による痛快エピソード“敵基地上空で編隊宙返り”をデザインさせていただきました。また、右袖には隊名をペンネント風書体にてプリントしております。




  

戦闘機乗りたちの笑顔

「大空のサムライ」にも登場する台南空搭乗員5名の方を描かせていただきました。現存する写真などを参考に気合を入れてイラスト化しておりますが、表情は全員無理やり?「笑顔」にしております。それぞれが誰であるかは、台南空のお好きな方なら容易にご察しがつくかと思いますが・・・いかがでしょうか?
背後の大きな英文字「V」(ブイ)は台南空の識別記号ですが、「VICTORY」(勝利)の意味もちょっぴり意識しました。

※ イラスト作成に当り参考にさせていただいた写真につきましてはこちらをご覧くださいませ。


背景のMAP は台南空の最終戦域であり、最も過酷な戦闘が展開された東部ニューギニア・ソロモン方面の要図です。

零戦21型イラストは、坂井さん乗機のひとつとして知られる「V-103」です。当然、アンテナ支柱は撤去されています。

台南空の足跡を少しでも示す意味で、編成(昭和16年10月:台南)から「251空」改称(昭和17年11月:ラバウル)までの主要進出地を列記しました。
レガスピー(ルソン島)→ タラカン(ボルネオ島)→ バリクパパン(ボルネオ島)マカッサル(セレベス島)→ デンパサル(バリ島)→ ラバウル(ニューブリテン島)ラエ(ニューギニア)
  

 




敵飛行場上空、編隊宙返りを披露する台南空三羽烏!
背景デザインには3名のイニシャルが隠されています。

 

敵飛行場上空で編隊アクロバット飛行!

『坂井三郎空戦記録』『大空のサムライ』によって明らかにされた痛快エピソードをエアショーのポスター風にデザインしました。とても戦時とは思えないこの傑作逸話は“戦場に吹いた爽やかな風”として世界中の戦史・航空ファンに広く知られています。

【 エピソードの概要 】

大東亜戦争2年目の1942年(昭和17年)4月、ラバウルからニューギニアのラエに進出した台南海軍航空隊は精鋭パイロット揃いであったが、中でも「台南空三羽烏」と称された3人のエースがいた。坂井三郎、西澤廣義、太田敏夫(いずれも当時一飛曹)である。

彼等は僚機と供に連日のようにポートモレスビー方面への出撃を繰り返していたが、5月27日(坂井氏記述による)とんでもないことをやらかす。“ 敵の度肝をぬいてやろう ”とかねてより打ち合わせしていた3人は、戦闘終了後ポートモレスビー敵飛行場上空へ引き返し、なんとアクロバット編隊飛行を披露したのだ。一糸乱れぬ3機編隊による宙返りを計6回!呆気にとられたのか敵基地から攻撃は一切無く、3人は敵飛行場上空で破顔一笑!

明白な飛行軍紀違反だったこの悪戯は「三羽烏」だけの秘密のはずだったが・・・噂はすぐに広まり、3人は上官の笹井中尉から大目玉を喰らうことに。更に数日後、思わぬところからも発覚する。ラエ飛行場に連合軍機が手紙を投下していったのだ。内容は以下の様なものだったという。

『 先日の宙返り飛行士は、大いにわれわれの気に入った。今度やってくるときは緑色のマフラーをつけて来られたい。われわれは、こぞってその英雄たちを歓迎するであろう 』(原文引用)

■ こだわりデザイン解説 ■
「P」アイコンにカーソルを重ねると解説が表示されます。




台南空のメモリアルTシャツという狙いである以上、正式部隊名称の標記が必要であろう〜ということで、
旧海軍のペンネント風書体にてオリジナル作成いたしました。
※大東亜戦争直前に編成された台南空(初代)にペンネントが実在したかどうかは・・・私にはわかりません。




オープンエンド系のざっくりした風合いのヘビーウエイトTシャツ。リブはダブルステッチ


■ サイズ : S・M・L・XL・XXL・XXXL ■ Tシャツカラー : ナチュラル
■ 使用Tシャツ : クロスステッチOE1116 ■ 素材 : 綿100% 6.2オンス 16/_ 天竺
■ プリント手法 : 前面・背面とも = シルクスクリーン印刷5色



台南空メモリアル! 零戦21型ポートモレスビー編隊宙返り コットンTシャツ

価格:

3,960円 (税込)

[ポイント還元 158ポイント〜]
カラー:
サイズ:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (10件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる