カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

一式戦闘機「隼」加藤隼戦闘隊Tシャツ



隼は征く 雲の果て

海軍の「零戦」に対し、「隼」は陸軍を代表する戦闘機として戦史に燦然とその名を残しています。低翼面荷重の軽戦闘機から大馬力戦闘機へと世界の趨勢が移る中、軽戦の極致と評された「97戦」の後継機としての運命(さだめ)を背負い、中島飛行機と陸軍航空本部・飛行実験部の長い試行錯誤の中から誕生した「キ43」(隼)は、長大な航続力と飛び抜けた格闘性能を併せ持った機体として大東亜戦争直前に制式採用されました。後継の「鍾馗」「飛燕」「疾風」の実戦運用が低迷する中、高い駆動率が重宝され、改良を重ねながら終戦まで戦い続けた「隼」の境遇は「零戦」の辿った運命と酷似しており、誠に感慨深いものがあります。

今回は映画 『 加藤隼戦闘隊 』 (昭和19年3月公開)でも有名な、英雄・加藤建夫少将率いる隼部隊「飛行第64戦隊」をテーマにいたしました。加藤部隊の数ある戦闘からどれを選ぶか相当に迷いましたが・・・知名度と分かり易さから、陸軍初の落下傘降下作戦として名高い「パレンバン空挺作戦」(昭和17年2月14日)をピックアップしました。同作戦において、飛行第64戦隊は59戦隊とともに挺身部隊の直掩についています。

前面ワンポイントには「隼1型」機首正面のイラスト、右袖には軍歌 『 加藤隼戦闘隊 』 (飛行第64戦隊歌)の歌詞にも登場する同戦隊伝統の部隊マーク 「赤鷲」 (あかわし) を出来る限り詳細に再現いたしました。






   

 

「隼一型」機首正面イラスト

2翅プロペラ、眼鏡式照準器、カウリング前面下部の「気化器空気取入口」、環状滑油冷却器など
加藤部隊が使用した「隼一型」の特徴を表現する機首正面からのイラストです。

※ 風防前方胴体右側のアンテナ位置は「隼」全型を通じての特徴です。



   


 

64戦隊伝統の部隊マーク「赤鷲」

「赤鷲」マークは「飛行第64戦隊」の前身である「飛行第2大隊」当時から引き継がれた伝統ある戦隊マークでしたが、太平洋戦争直前に廃止されています。
従って同マークが「隼」に描かれた事実は無かったと推測されますが、映画および軍歌 『 加藤隼戦闘隊 』 における同マークの圧倒的存在感を考慮し、あえてここに描かせていただきました。



   

 




1942年(昭和17年)2月14日

スマトラ島 パレンバン製油所群上空

高度約2000メートル


加藤部隊長を先頭に横転降下に入る

「飛行第64戦隊」隼小隊


▼  アイコンにカーソルを重ねると解説が出ます ▼






オープンエンド系のざっくりした風合いのヘビーウエイトTシャツ。リブはダブルステッチ


■ サイズ : S・M・L・XL・XXL・XXXL ■ カラー : ホワイト
■ 使用Tシャツ : クロスステッチOE1116 ■ 素材 : 綿100% 6.2オンス 16/_ 天竺
■ プリント手法 : 前・背面=シルクスクリーン印刷4色、袖=淡色インクジェット印刷




一式戦闘機「隼」加藤隼戦闘隊Tシャツ

価格:

3,960円 (税込)

[ポイント還元 158ポイント〜]
サイズ:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 4.8 (4件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る