カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

朝日新聞、よ〜〜やく「大誤報」を認める  2014/08/06


すでにみなさまご存知の通り、旧日本軍による朝鮮人婦女子の大量強制連行は事実だとして
長年に渡り反日キャンペーンを主導していたあの朝日新聞が、昨日の紙面にて初めてその誤りを認めました。

しかし、1面に掲載されたいわゆる総括社説では『慰安婦問題の本質 直視を』と題し、
以下のように結論付けています。

『 戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできません。
慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質なのです。』

笑っちゃうくらいとんでもない論点のすり替えですね。
今まで散々同紙が書きたてた結果、
いま韓国および一部世界で不本意ながら問題視されているのは「旧日本軍による組織的大量強制連行」なのです。
問題の本質?とやらを「女性の人権・尊厳問題」にすり替え、
自らの誤報記事によって著しく貶められ続けた日本の国益と尊厳、汚された私たちのご先祖様方の名誉、
そして日本国民が被り続けた莫大な精神的損害に対して一切謝罪しないばかりか責任逃れを謀ろうという、
誠に姑息かつ無責任な社説です。


もし仮に、朝日新聞にとって慰安婦問題なるものの本質が「女性の人権・尊厳」にあるというのなら、
真っ先に取り上げなければならないのは日本人慰安婦であり、現在韓国で集団起訴に発展している「米軍慰安婦問題」や、ベトナムにおける韓国軍の蛮行なども当然追及してしかるべきですが、
まぁ朝日系は1行、1秒たりとも報道しませんからね。


韓国・中国の世界的反日キャンペーンや国連人権委員会の勧告などは、朝日の記事を根拠とするものが多く、
もし朝日新聞に報道機関としての良心がカケラでも存在するのであれば、世界主要メディアに対して迅速に説明を
行うべきですが・・・まぁ責任逃れ一色のこの態度ですから、何もしないでしょう。


さて、世間一般レベルではとうの昔から誤報(捏造)と認識されていたこの問題、
なぜ今になって、誤りを認めたのか? まぁそんなことはどうでもいい下衆な話なんですけどね。
想像するに、韓国が来年発表するという「慰安婦白書」に重要根拠の一つとして引用されることを危惧したとか、
販売部数が低下傾向にあるとか、大手広告主・代理店から警告を受けたとか、まぁその程度の保身レベルでしょう。


この記事の重大性を積極的に報道するTV局はなぜかほとんど無いのですが、
関西ローカルの読売テレビ(日テレ系列)が素早く取り上げており、比較的分かり易いので是非一度ご覧ください。
「おい 朝日!責任をとれ!」YTB『 朝生ワイド す・またん! 』



私は朝日新聞を含め、いわゆる大手メディアの報道を信用しておりません。
いかに「天下の公器」などと虚勢を張っても所詮は民間企業ですから、
販売売上、視聴率、広告収入などに依存せざるを得ないわけでして、
そこに「公平・真実・正義」を報道する姿勢はどうしても存在しえないのです。
都合の悪いことは「報道しない自由」でスルーしちゃいますし。

となると当然、問題の本質?は
100%国民の聴取料金で運営されているNHK、という結論に至るわけですね(笑)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100003854&eid=205

ページトップへ