カートをみる Check Cart マイページ ご利用案内 お問い合せ Contact Us お客様の声 Reviews サイトマップ
RSS
 

今年も頑張ります 2019/01/18

新年のご挨拶が遅れてしまいました。申し訳ございません。
今年も、国家・国民のため戦いに身を投じた若者たちの姿を僅かでも残すべく日本軍Tシャツを創り続けますので、どうか温かい目で見守ってやってください。

さて、販売が遅れております彩雲Tシャツですが・・・
製品はすでに完成・納品済みですが、個人的事由により商品撮影や販売ページ制作の時間が思うように確保できない状態です。今月中には必ずアップしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

謹賀新年2019

明日19日は「関西零戦搭乗員会」の新年互礼会に出席いたします。自然の摂理とは言うものの、時代の経過とともに搭乗員さまのご参加は年々減少の一途を辿り、言い知れぬ焦燥感に襲われておりますが・・・戦史研究家さまがたと会って新たなパワーを得たいと思っております。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 店長 様  ご家族の病・・・

店長 様

 ご家族の病気に関しては、心よりお見舞い申し上げます。
 なんといっても家族が一番の宝です。
 そんなことをよそに、赤ちゃんを殺したり、小学生を殺したりと物騒な世の中になりました。
 こういったやつらと、南海や孤島、大空に散った若者と命の交換ができるなら・・・。と思います。
 なんて言っても、家族の健康が一番。
 以前紹介した「針路0度、日本列島ヨーソーロー」の本を今読んでます。
 南海から針路0度は、真北である。そこを進むと家族が待つ日本がある。という一式陸攻機内での機長と航法士とのジョークを交えた会話です。作戦が終わり、どうにか死線を乗り越え、次の指示を仰いだ後の回答であったということです。
花吹山 | 2019-06-09 17:47 |

■ 花吹山さま、お久しぶり・・・

花吹山さま、お久しぶりです。
戦争末期の輸送機操縦員のなかには、戦傷で第一線を退かれた方々が結構いらっしゃったと聞きます。Tシャツを通じて知り合ったある方のお父上(零観操縦員)は、ソロモン方面の戦闘で大怪我を負い内地送還となった後、片足切断処置を受けましたが、義足で輸送機操縦員に復帰しています。

ここ半年、家族の病気など個人的理由で捜索活動が停滞しております。申し訳ありません。
osabetty | 2019-06-02 11:40 |

■ 店長様 お久しぶりです・・・

店長様
お久しぶりです。
2日は、美保基地の航空祭です。
毎日、イベント訓練飛行が行われています。特にC-1からC-2へ大型化刷新され、今日は五機編隊の低空高速機動飛行を見ました。編隊離脱時の約45度バンクは、迫力満点です。
戦闘機の高速機動飛行よりも見ごたえあります。
次の作品に輸送機はどうですか?
花吹山 | 2019-05-30 22:01 |
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ