カートをみる Check Cart マイページ ご利用案内 お問い合せ Contact Us お客様の声 Reviews サイトマップ
RSS
 

お客様の声

艦上偵察機「彩雲」Tシャツ ▼全ての商品の評価を見る

星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (1件)

並び順:
1件~1件 (全1件)

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 御影丸様 2019-10-14 20:56:26
今回も丁寧かつ迅速な発送で、本当にありがとうございました。
いつもの様に商品の到着をワクワクしながら待っていました。

満を持しての『彩雲』の登場!
『我ニ追イツク敵戦闘機ナシ』―此の心地好い響きのフレーズを目にした時は、思わずニヤリとしてしまいました。
又、いつもながらの抜かりの無いディテールの情景描写には惚れ惚れです。

「偵察」は戦場の花形では無いのかも知れませんが、彼らの活躍があってこその作戦展開なので、こうした彼らの活躍を顕彰するTシャツ化は意義深い事だと思います。
お店からのコメント
2019-10-19
御影丸さま

いつも丁寧なコメントをいただき、誠にありがとうございます。返事が遅れてしまってすみません。

戦争末期、海軍の主力偵察機は彩雲と二式艦偵(彗星)でした。偵察飛行隊は多くの敵情を友軍にもたらしましたが、彼我の戦力差から戦果に結びつくことは稀で、偵察機搭乗員の手記にも無念の記述が結構出てきます。例えば、昭和20年3月21日の神雷部隊「桜花」攻撃時、敵機動部隊発見の第一報を打ったのは偵11の彩雲でしたし、同機はすれ違った友軍攻撃隊の誘導まで試みています。桜花を搭載した一式陸攻との速度差が大きすぎたため誘導は断念せざるをえませんでしたが、攻撃隊と行動を共にしていれば撃墜されていた可能性は高かったでしょう。第1回桜花攻撃の結果は、ご存知の通りです(合掌)
1件~1件 (全1件)
review guaranteed by Estore

ページトップへ