カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

太平洋戦争研究家、Dan King さん  2015/04/19


2年前の日記でもご紹介させていただきましたが、
アメリカ人の太平洋戦史研究家 Dan King (ダン・キング)さんから、一昨日 久々にメールが届きました。

硫黄島で催された「日米合同慰霊追悼式」に出席された(!)とのことで
当日の写真数点が添付されておりました。

肖像権が気になって当ページにはアップ出来ないのですが・・・
硫黄島の激戦を生き抜かれた日米お2人の元兵士、
秋草鶴次さん(当時 海軍一等水兵)とハーシェル・ウィリアムズさん(当時 第3海兵師団 第21海兵連隊)が
擂鉢山山頂に並んで立っておられる1枚には、なんとも感動してしまいました。

世界中を飛び回って主に太平洋戦争の戦史研究をされているDan Kingさん、
2年前に初めてTシャツをご購入いただいたのがキッカケで、以後度々メールをいただくようになりましたが、
私如き一介の「Tシャツ屋」に連絡をくれるなど普通ではあり得ない?いろんな意味でとても凄い方なのです。

この方の何が「凄い」かと言いますと・・・

10年程 日本での勤務経験があるDanさんは日本を深く理解されており、日本語の読み・書き・会話もほぼ完璧。
長年に渡り多数の旧日本軍将兵の方々を精力的に訪ね続け、日本語での直接取材を重ねておられます。
(その中には原田要さん、坂井三郎さん、宮崎勇さん、笠井智一さんなども含まれる。)
そして2年前、それら貴重な証言を元に戦史記録『 The Last Zero Fighter 』を上梓、
更に今年は硫黄島の戦闘を題材とした『 A Tomb called Iwo Jima 』(硫黄島という名の墓標)を発表されました。

外国人の方には理解しずらいとも言われる日本兵の心情・実態を自ら日本語で取材し、英語で世界に発信する。
日本兵も米兵も同じ1人の人間として国家・国民・家族のために必死に戦っていた 〜 その事実を伝えるために!
このような活動をされている方は、世界中探してもDanさんお一人だけではないかと思います。



そのDanさんから送られてきた画像の中にいくつか傑作?がありましたので
ご了解を得て掲載させていただきます。

太平洋戦史研究家ダニエル・キングさん

▲ 硫黄島訪問前に立ち寄ったグアム島でスキューバダイビングに興じるDanさん。
意図的か否かは不明だが・・・Danさんの「V」サインと台南空Tシャツの「V」が見事にシンクロしている(^^



さらに、Danさんの“日本軍好き”を顕著に表わした画像(^^;

ダン・キングさんの九七式芝刈り機

▲ 自宅の芝刈り機を日本陸軍「九七式中戦車」風に塗装変更
Danさんが12年前に出会った旧陸軍第九連隊・第三中隊 戦車兵、下田四郎さんの中隊長車両風に塗装したとのこと。「ひご」は中隊長を意味しているという。





ご興味のある方は、是非 Danさんのフェイスブックをご覧ください。英語ですが、画像だけでも十分に楽しめます。
下の画像をクリックしてくださいね。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100003854&eid=246

ページトップへ