カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

「赤トンボ」Tシャツ発売は越年となりました  2012/12/22




本日午前、最終調整のサンプル確認のため、プリント工場へ行ってまいりました。


調整を要したのは背面デザイン背景(雲など)の「描画色」です。
“ 目立ちすぎない程度に、目立たせる ” という微妙な作業でしたが、やはり難しかったようですね。


実は、前回打ち合わせ時にカラーチップで色は決定済みだったのですが、
「Osabetty's」開業以来2年半余の付き合いとなる同プリント工場さんは
気を利かせて自主提案作業による3パターン(3色)の校正刷りを用意してくれていました(感謝!)


検討の結果、もう一度だけ校正刷りを出すことにいたしましたが、
これにより・・・残念ながら本年中の発売は100%不可能となってしまいました。
ご期待いただいていた皆様には誠に申し訳ございません。何卒ご理解くださいませ m( _ _ )m


さて、発売時期延期によりスケジュールに多少の余裕?が生まれましたので、
この際ですが、右袖の「霞ヶ浦海軍航空隊」を再制作することにいたしました。
先日「陸上自衛隊霞ヶ浦駐屯地」で発見した実物ペンネント書体の完全再現を目指します。




実は、私は「シルクスクリーン印刷」のテイストが大好きなんですね。
そこには「インクジェット印刷」では決して再現できない"切れ味"と"風情"が間違いなく存在するからです。

従って「Osabetty's」の作品は、多色刷り(3〜4色)で階調表現するパターンが多いのですが、
印刷段階ではその「階調差」の再現に大変苦労するのもまた事実です。
印刷工程にかかる時間、費用、さらに印刷側の労力なども考慮しますと、
決して効率的とは言い難い作業であることは確か。

そろそろ本格的な「線画タッチ」にも挑戦してゆかねばなりません。カラーバリエーション展開も広がりますしね。
理想は、「シルクスクリーン単色」線画デザインによる戦争情景の再現ですが・・・
これには優れた「描画センス」が要求されます。もっと勉強せねば
(;-_-)

▲ 今回のシルクスクリーン印刷の4色パターン
上の画像では判別しにくいのですが、Tシャツ地色に対する2色目の「目立ち具合」で悩んでいます。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■  > 見張り員さま   ・・・

 > 見張り員さま  

ご意見ありがとうございました。

「4輪装甲車クロスレイ」ですか!
デザイン対象としては興味が湧きますね(←冗談ではなく)
こんなことを言うと怒られるかもしれませんが・・・
今回の「赤トンボ」同様、外見的に「カワイイ」要素がありますので、
リアル系に加えデザイン系(POP系)路線も充分に考えられますね。
いずれにしても、陸戦隊とセットでいい絵が描けるような気がします。
〜ということで私の頭には確実に入りました。

しかし・・・シブイところを突いてこられますねぇ
見張り員さまは絶対に「模型」持っておられると見た(笑)
osabetty | 2012-12-27 02:05 |

■ こんばんは 毎回力のこ・・・

こんばんは
毎回力のこもったTシャツ作りのご様子に感服いたしております。
モノを作り出すことの大変さを、長部さんの記事を通して教わっております。

次回作を心待ちにしております。

で…リクエスト、というわけでもないですがいつかいつの日か、海軍陸戦隊の「クロスレイ」のシャツを作っていただけたらなあ〜〜〜なんちゃって。厚かましい、忘れてください(^_^;)

寒さが厳しくなって、つらい年の瀬ですね、私は南方嗜好なのでこの寒さは正直きついです。
でもあとちょっとの今年です、がんばります。
長部さんもお風邪など召しませんよう、よいお年をお迎えくださいね。
見張り員 | 2012-12-26 21:18 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100003854&eid=118

ページトップへ