カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

次は彩雲です  2018/05/19

次回作品のモチーフには、海軍の駿速偵察機「彩雲」を予定しております。

メインデザインは榎本哲(さとし)整備大尉による貴重な写真集 『海鷲とともに』(平成12年・文林堂)に収録されている、ある有名な写真を参考に描く予定です。昭和20年正月、香取基地において出撃準備中の彩雲(762空・偵11)を捉えたもので、個人的に構図・情緒の点においては、数ある戦場写真のなかで最高クラスだと思っております。


海鷲とともに


実は3年前、同写真の構図をそのままTシャツデザインに使えるか否か、写真集発行元の文林堂に問い合わせたことがありました。しかし、榎本大尉、奥さま共に他界されているため確認不能とのことで、その時はデザイン化を断念せざるを得ませんでした。そこで今回は写真の構図をそのまま使うのではなく、別角度から(できれば反対側の視点から)オリジナルで描こうと考えています。


 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


さて話は変わりますが・・・明日は年に一度の 「予科練戦没者慰霊祭」の日です。最近は時間・金銭の両面であまり余裕のない私ではありますが、やはりこの日だけは別格。これから夜行バスで土浦へ向かいます(^^

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ コメントありがとうござ・・・

コメントありがとうございます。

写真の著作権は出来る限り調べるようにしておりますが、限度がありますね。
先月、慰霊祭で会った戦史研究家さまがたの見解では、「榎本コレクション」に関して権利関係はあまり気にしなくて良い(文句を言われる方がいない)との判断が専らでした。が、現在は写真とは逆側からの視点で絵を描き始めております。実は「彩雲」の大きな特徴は機首左側にありまして、そこを表現したいというマニアック思考ですね。我ながら困ったもんです(^^;
osabetty | 2018-07-12 00:32 |

■ 肖像権対策とはいえ大変・・・

肖像権対策とはいえ大変な労力なんですね。
応援しています。
Sgt_Major_NoraKuro | 2018-07-11 14:41 |
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ