カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

銭湯  2017/01/20

一昨日の夜から近所の銭湯に通っております。
やっぱり銭湯の湯舟は広いから気持ちいい!足も思いっきり伸ばせるし。
たまには下町気分もいいもんだ・・・などと情緒に浸っている場合ではないのですが(^^;


“銭湯通い”に至るここ数日のお話をいたしましょう。

毎度おなじみ淀川温泉

実は4日ほど前から浴室の天井裏で水滴音が頻繁に聞こえるようになりましたが、特に気にかけていませんでした。
『 風呂場の水蒸気が溜まってるのかな?そのうち収まるやろ。 』 程度に考えていたのですね。ところが一昨日の夜、浴室の電燈が突然死するに至り、ようやく事の重大性に気づくこととなりました。この電燈はユニットバスの壁面に取り付けられているのですが、電球カバーを外すと中には多量の水が溜まっているではないですか。しかも電球内にも水面が揺れている。なぜこんなところに水が??

恐る恐る浴室の小さな天板を外した瞬間、不覚にも上に溜まっていた?多量の水を頭からかぶる悲劇に見舞われてしまいました。寒さに震えつつ、狭い開口部から懐中電灯で天井裏を照らして見ると・・・コンクリート打ちっ放しの天井のいたる所から水滴がポタリ、ポタリと落下しているではないですか! 「なんじゃこりゃ?」 取りあえず、ガムテープを使って水漏れ箇所の周囲をビニール袋で囲い、砂漠の集水器よろしく漏水の大半が風呂桶に落下するよう応急処置を施しましたが、全箇所はとてもカバーできず、天井裏奥の暗闇からは不気味な水滴音が五月雨のように響いてきます。

上の階で何かアクシデントが発生したに違いない!
さっそく直上階のおばちゃんを訪ねて聞いたところ、驚いた様子で何も起こっていないとおっしゃる。とすると、もうこれは水道管破損としか考えられないが、マンション管理人は17時に帰っているので、この日はこれ以上打つ手がない。で、仕方なくその夜は久々に銭湯に行ったわけです。いやぁ、銭湯も悪くないですなぁ、脱衣場は暖かいし、サウナもあるし!などと言っている場合ではないのに。 床に入る頃になると漏水は徐々に増量し、浴室から漏れ聞こえてくる水滴音が気になってなかなか寝付けない。しかも、これはなかなか不気味なのだ。日本恐怖映画における一番のキーオブジェクトは「水」だという、ある監督の話を思い出しました。そういえば、怪談にはやたら「井戸」が登場しますもんね。

そして昨日、朝一で管理人に相談したところ、すぐに施設管理会社に連絡してくれました。私の都合で現場検証は16時からとなったものの、真相は実にアッサリと判明しました。原因は(やはり)上階のおばちゃん宅で、風呂釜と脱衣場の蛇口を繋いでいた床下配管が壊れていたのです。ちょうど洗濯機の真下だったのでおばちゃんは全く気付かなかったらしい。ということで、30分ほどでようやく水漏れも止まり、めでたしめでたし、なのですが・・・昨夜もまた銭湯に行ってきました。理由は、浴室の電燈が点かないからです。一部ホラーマニアを除き、自ら進んで暗闇入浴を希望する人はいない。肝心の電燈ソケット部は水浸し状態なので、自然乾燥を待つ以外手がない状況のようです。ということは、運が悪けりゃ今晩もまた銭湯行きなのだが、不思議と落ち込んではいないんですね。なんと言っても 銭湯は広いからなぁ(笑)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ > 見張り員さま    ・・・

> 見張り員さま   

コメントありがとうございました。

そうなんですよ。おっしゃる通り、まさに「災い転じて〜」でして(^^ 総合的にはちょっと得した感じ?なのです。
電燈のほうは本日回復しましたので、もう銭湯に通う必然性は存在しないのですが・・・
多分また行くと思います。なんといっても銭湯は広いですから(笑)
osabetty | 2017-01-21 23:54 |

■ 大変な目に合われました・・・

大変な目に合われましたね(◎_◎;)、階上の家が原因ということで、これが集合住宅の宿命的な部分もありますね。
しかし災い転じて福と為す、と言っていいのか、銭湯の醍醐味を味わうことができてよかったですね!私も子供時代、住んでいた公団住宅には家風呂がなかったので銭湯に行っていましたがあの開放感はただものではないですよね。
しばらくは、銭湯に通われますか^^?
見張り員 | 2017-01-21 09:37 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100003854&eid=314

ページトップへ