カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

配送時の包装が一部変わります  2016/04/13


今月(4月)よりヤマト運輸のサイズ測定が厳正化されたため(ヤマトに言わせれば正常化)、今まで60サイズ(縦横高さ 計60cm以内)で通用していたボール紙封筒(デルパック)は1サイズ上の80サイズ料金を取られることとなりました。
現状のままでは配送地域によってバラつきはあるものの、1件当り約¥200のコスト増となってしまいます。

今までボール紙封筒を使用してきました理由は、Tシャツと言えども折り曲げた形でお届けしたくない、という「こだわり」からでしたが、送料を値上げするわけにもいかず・・・事ここに至って包装形態を再検討せざるを得なくなりました。

それでも最初から商品を折り曲げるのは嫌だ!(=`∧´=)
ということで、60サイズの配送袋を模索しておりましたところ、イケそうな素材を発見。

TTOS株式会社から出ている「@eco宅配ビニール袋」のサイズ3というやつです。
サンプルで確認したところ、素材は高密度ポリエチレンで強度、防水性は充分。
問題のサイズは 25cm × 34cm × 厚1cm で、これは折りたたんで透明袋に入れたTシャツとほぼ同一サイズ。同一サイズと言うことは、厳密には「入らない」という理屈になりますが、実験してみたところ2枚まではうまく収まりました。

▲ 左は今まで使っていたデルパック、右が新しい高密度ポリエチレン宅配袋です。


といった経緯がありまして、今後2枚までの配送につきましては、出来る限りこの高密度ポリエチレン袋を使わせていただく予定です。何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100003854&eid=297