カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

台南空Tシャツ、印刷工場に入りました  2013/04/08

次回作「台南空Tシャツ〜ポートモレスビー編隊宙返り」ですが、
ようやくデザイン工程が終わり、昨日印刷工場へ入りました。
今回はなんと「シルクスクリーン5色」という、未曽有?の挑戦です(^^;


散々苦悩いたしました結果、表面デザインは最終的にこのような(↓)感じになりました。




■ 中央の搭乗員イラストはすべて写真などを参考に描かせていただきました。
(“ポートモレスビー編隊宙返り”の当事者3名、笹井醇一中尉、本田敏秋二飛曹の計5名)
背後の英文字「V」(ブイ)は、初代「台南空」の識別記号です。

■ 零戦21型イラストは坂井三郎さん搭乗機のひとつとして知られる「V-103」を参考に描きました。
当然、アンテナ支柱はありません。

■ 全体背景のMAPは、同航空隊の最終戦域であり、最も過酷な戦いが展開された
ニューギニア・ソロモン方面の要図です。

■ 初代「台南空」の足跡を示す意図で、
編成(昭和16年10月)→「251空」改称(昭和17年11月)までの主要進出地を列記しました。
(レガスピー → タラカン → バリクパパン / マカッサル → デンパサル → ラバウル / ラエ)




前作「零戦 vs スピットファイア」同様、モノトーン、セピアの2階調を検討しておりますが、
今回はさらに1色多い「5色」ですので・・・印刷再現は相当難しい作業になるでしょう。
リニューアルした背面デザインの方は明日以降ご紹介いたしますね。



▲ セピア調のイメージ画像

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100003854&eid=143

ページトップへ