カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

「CABIN A-2」の森さん  2010/07/04

先日、久々に大阪で飲みました。
お相手はフライトジャケットへの手描きペイントクリエイターの森さんというお方で、大阪で「CABIN A-2」(キャビン A-2)という会社の代表をしておられます。

フライトジャケットへのペイント?と言われてもピンとこない方もいらっしゃると思いますので、以下簡単に解説しましょう。

2次大戦時、アメリカ陸軍航空隊(USAAF)では制式衣料として「A-2」という革製フライトジャケット(当時ナイロン系生地はまだ無かった)が大量に支給されていました。映画 『大脱走』 で主人公のキャプテン・ヒルツ(スティーブ・マックゥイーン)が着用していたヤツ〜といえば思い当たる方も多いのではないでしょうか?

過酷な戦闘に赴く爆撃機クルーや戦闘機パイロット達は、自分たちの乗機やジャケットに様々な手描きペイントをほどこし、連帯感の向上と生還を祈願しました。これらペイントは彼らにとってまさに「護符」(タリスマン)ともいえるもので、ピンナップガールあり、恋人のイラストあり、マンガあり、架空キャラクターあり・・・と、その表現は多岐に渡ります。そして“戦時に生まれ、描かれたデザイン”であるが故に、これらペイントには上手い下手を超越した強烈な「存在感」が宿っているのです。有名なザインとしては、映画化もされた「メンフィス・ベル」(=メンフィスねえちゃん)があげられるでしょう。

A-2メンフィスベル


CABIN A-2」の森さんは、実在したペイントを現在に手描きで復活させる数少ないクリエイターのお一人でして、私個人的には勝手に「日本一」だと思っております。

10数年前、当時フライトジャケットにハマりかかっていた私がたまたま森さんにペイントをお願いしたのがキッカケで、
その後森さんの「
WAR-ART」ファンとなった私は、半ば無理矢理?森さんを説得して「CABIN A-2」のホームページを立ち上げさせていただいたりしました。ちなみにこのサイト、森さん作品の一部を閲覧できる唯一のサイトであり、私が初めて作ったホームページでもあります。
フライトジャケットのバックペイント&カスタム「CABIN A-2


さて、この森さん。
気難しいアーティスト的な人物かと思いきや、見た目も含めてホンマ「いい人」(
正しくは「いいオッサン」 )でして、
凄い腕を持ちながら全く謙虚なんですよ!
しかもこの方、ヨットマンです。それもお金持ちの「お遊びヨット」ではなく、競技会で勝負に執念を燃やすバリバリ体育会的ヨットマンなんですね。

森さんのことを語りだすと長くなりますので今日はこのへんで。
今回もTシャツデザインでありがたいご指摘をいただきました。

プロのデザイナーではない私にとって「色使い」は苦悩の種。難しいけど頑張らんといかんです。(~~;)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ